レーシックで世界がレボリューション~視力補正はもういらない~

 

保険対象外

一般的に日本の医療の殆どは保険が適用される様なものですが、レーシック手術の場合は健康保険の対象外となっているため自分で医療費を全額支払わなくてはなりません。
健康保険が適応されるのは病気の場合のみとなっていて、レーシック手術の場合は単なる視力を回復させる為のものとなっているので健康保険の対象外となってしまうのです。
健康保険の対象外ではありますが、レーシック手術はれっきとした医療行為のたえ、医療費控除の対象となるので、確定申告などを行なう際にはしっかりと申請を行なって医療費の控除をしてもらいましょう。
医療費控除を行なってもらう際には病院での診断書や領収書などが必要になってくるのでしっかりと保存しておきましょう。
申請の際には地方の自治体へ申請をする形になるので、札幌の方は札幌の自治体に申請書を請求してから提出する必要があります。
医療費控除は決められた額を超えると、一定の額を税金の支払に当てることが出来るようになっているのでお得にレーシック手術を受ける為にもしっかりと各自治体の決まりを理解して申請を行ないましょう。

医療費控除の場合は1年間の医療費が10万円以上の場合、10万円は税金の支払に回すことが出来るというとても便利な制度なので、積極的に利用していきましょう。
しかし、医療費控除の場合は認められない可能性もあるので、判断してもらうための費用などもしっかりと揃えてから申請するようにすると承認される可能性も僅かではありますが高くなります。
申請の多い東京などよりは札幌などのような地方都市の方が申請の通る可能性が高いので地域を変えて申請を行なえば申請が通りや少なる場合もあるので申請を行なってみましょう。

Copyright(c) 2015 レーシックで世界がレボリューション~視力補正はもういらない~